お歳暮の由来と贈り方について

もともと「歳暮」は年の暮れを意味しています。お歳暮とは、昔、新年に祖先の霊を迎える為に必要なお供え物を、嫁いだり分家した人が本家や親元に持参するものでした。その後、日頃お世話になった方に一年の感謝を込めて贈る、年末の贈り物を指すようになりました。本来はお歳暮の品を持参して先方に伺い、直接お礼を伝えるべきですが、現在ではデパートやインターネトショップから送ることが増えています。その際は挨拶状を同封するか、荷物が届く頃にハガキを出すのが良い様です。頂いたらお返しの必要はありませんが、礼状は必ず出します。